お金を借りるには、どの業者がいいんでしょうか?

このページでは、お金を借りる方法について色々と紹介していますが、どういう業者を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

急いでいる方は、まずはネットから借入可能か診断してみることをおすすめします。

 

カードローン選びの参考として、是非利用してみてください。

 

アコム

アコムの特徴

★最短で30分の審査回答で、最短1時間での融資も可能です。

★土日祝でも審査がオッケーです。

★初めての方に限り、最大で30日間金利が0円です。

★安定した収入があれば、主婦やパート・学生でもOKです。

★派遣社員や自営業・農業の方でもご利用OKです。

★楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日振込OK!です。

★条件が合えば、担保・保証人不要です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価5
アコムの総評

アコムは、老舗の信用とスピード力で、今スグの融資のニーズに応えるカードローンです。はじめての方でも30日間無利息なので安心して借り入れできます。3秒診断での借り入れ診断が便利です。

 

プロミスの特徴

★はじめての方は、初回の利用の翌日から30日間金利ゼロです。契約日からの換算でないので無利息期間が失効することがないのでとてもお得です。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

★最短で1時間での融資もOKです。

★三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合、土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスが好評です。
(手数料も無料)

★条件が合えば、50万円まで収入証明不要です。

★紛失の心配のないカードレス※で契約することもできます。
(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。)

★女性が担当するレディースプロミス窓口も好評です。
(男性の方でもOK)→こちら

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスは「今すぐ」にこだわった人気のカードローンです。急ぐのであれば午前中に申込むのがベストですが、ネットで申込だけ済まして、最寄りの自動契約機に駆け込めば、当日中にすぐに借りる事も出来ます。緊急時の対応もスピーディーだから頼りになります。

 

今日中にお金が必要なときのお助け部屋

 

当サイトにご訪問頂きまして、ありがとうございます。

 

日常生活をしていると「お金借りたい」と思う場面が出てくることがあります。給料日までお金が足りるように計画的にやりくりしていたとしても、急なケガ、急なお祝い事などの「急」がつく事態は予想外に起きたりします。

 

兄弟、親類などにお金借りたいと思うこともあるかもしれませんが、迷惑をかけたくない、秘密にしたいなどという気持ちも出てきたりします。

 

こんな時は、銀行や消費者金融でのキャッシングを利用するというのが一つの解決策としてあります。利用目的が問われる自動車ローンなどと比べて審査が早いのが特徴で、即日に融資を受けることも可能です。

 

特に消費者金融は審査が早く、インターネット申し込みと自動契約機を組み合わせると、土日でもお金借りたいその日に融資可能な場合もあります。

 

当サイトでは、お金借りたいときにどうすれば良いのか?無職や専業主婦などでも貸してくれるのか?即日融資を受けるにはどうすればいいのか?など、「お金が必要なときのお助け部屋」として、役立つ情報を掲載しています。

 

キャッシングの業者のランキングも紹介します。

 

お金借りたいときに参考になれば嬉しいです。

 

お金借りたいときはどうすればよいのでしょうか?

お金借りたい時には、まずはその目的に最適な方法を選択しましょう。

 

たとえば子供の教育資金が必要でお金借りたいのなら、銀行などの教育ローンが良いと考えられます。

 

同様にマイカーを買うためにお金借りたい時も、マイカーローンを利用するのが一つの手としてあります。

 

しかし、単純に生活費が足りなくなってしまってお金借りたい時は、キャッシングなどの利用目的が限定されないローンがいいです。

 

まずは手近にある銀行や貸金業者などを探してみるのが良いですね。例えば、ネット検索などでキャッシング会社を見つけることができます。

 

色々な業者を見てみると、それぞれ特徴があることがわかります。例えば、即日で融資してくれるところや、金利が他の業者と比べて低いということもあります。

 

ちなみに、お金借りたいとはいってもキャッシングには審査がありますので、それに通らなければお金を受け取ることはできません。これは全てのキャッシング商品に共通している基本的な原則です。

お金借りたいときに即日で借りれますか?

毎日の暮らしの中でお金借りたいと感じた時、消費者金融や銀行でキャッシングの契約を結ぶと、即日に融資を受けることが可能な場合もあります。

 

中でも振り込みキャッシングなどの金融サービスは、お金借りたい時の即日融資にうってつけです。

 

申し込む方法も簡単ですし、審査スピードも最短30分という早さ。さらには融資方法も街中に設置してあるATMから引き出したり、あるいは銀行口座に一括振り込みしてもらえるなど、極めて多様な手法でお金借りたいニーズを満たしてくれます。

 

ただし即日中にお金借りたいと願うのであれば、まずは然るべき申し込みを行う必要があります。振り込みキャッシングならばネットや電話などで申し込みができます。

 

これらで必要事項を記載して、身分証や年収証明書の提示を行うだけで申請完了です。

 

カードローンならばネットや電話を使った申し込みに加え、街中にある契約ルーム内の自動契約機を使えばすぐにその場でカード発行を受けることができるので、とてもスムーズに融資を受けることができます。

お金借りたいとき銀行で借りるにはどうしたら良いでしょうか?

お金借りたいときには、銀行ならばキャッシングを利用すると良いです。この申込方法にはいくつかのタイプがあります。最近多いのがweb申込みです。

 

web申込は銀行ホームページ上から申し込むことができます。当日中にお金借りたいのであれば平日の早い時間に申し込むか、インターネットバンキングを利用することで、即日融資を受けることも可能です。

 

また、銀行によっては本支店内のATMコーナーに自動契約機を設置しているところもあります。お金借りたい時にこれを利用すると、契約後にその場でカードを取得し、融資を受けられます。

 

また、webや電話で申し込んで契約を完了させた後にここでカードを取得することも可能です。直ぐにお金借りたいときにはそのまま併設してあるATMを利用できます。

 

ただし、銀行によっては、口座所有を条件としているところもありますので注意が必要です。その場で口座開設することもできますが、その場合には時間がかかるため、即日融資は難しくなります。

お金を借りたい時に在籍確認なしの場合ってありますか?

すぐにお金借りたいのに審査項目が多いと面倒ですね。在籍確認というのは、審査の際に記載された会社で本当に働いているのか、金融機関が調査することをいいます。

 

民間企業が、お金借りたい個人に対して無担保で貸付をしてくれるのが、キャッシングなどの金融商品です。

 

お金借りたいと切に願ってはいても、貸す側の企業としては、貸したお金が返ってこない「貸し倒れ」になることを恐れていますので、安定した収入があることの前提として勤務会社への在籍確認があるのはある意味当然です。

 

ここでよく行われるのが職場への電話による在籍確認です。プライバシーへの配慮から個人名でかけてくれる金融機関がほとんどですが、勘のいい人ならわかってしまうこともあり、お金借りたいけど電話の在籍確認は避けたいと思うこともあります。

 

実際に電話による在籍確認で審査を行う金融機関がほとんどですが、一部では書類のみの在籍確認でOKとしているところもあります。

 

収入証明書や給料明細など、勤務していることがわかる書類の写真を撮ってメールで送るだけで審査をしてくれます。早くお金借りたい人にはうれしいですね。

 

が、こうした金融機関でも高額になると電話確認も併用したりと、ルールは各金融機関によって違いますので確認することが大切になってきます。

 

全く在籍確認がない業者もあるかもしれませんが、悪徳金融の可能性もあるので注意してください。

審査通らないときはどうすればよいですか?

お金借りたいのに審査通らない理由は色々なことが考えられます。

 

すでに他の金融機関から融資を受けており、それが総量規制の対象となっていれば審査をパスするのは不可能となりますし、過去に自己破産などをしている方は、数年間お金借りたいのに貸してくれない状況にもなります。

 

そのような状態ではないにもかかわらず審査通らない場合は、勤め先や収入の問題も考えられます。安定した収入がなければお金借りたい場合でも審査通らないケースが多々見られます。

 

金融機関によって審査基準が異なるのは事実ですが、やってはいけないのはお金借りたいからといって片っ端から複数の会社に申し込むことです。

 

今はそれぞれの金融機関で申し込み情報を共有しており、これにより短期間に複数の申し込みをすると契約できなくなる、いわゆる「申し込みブラック」になってしまうのです。

 

お金借りたいと焦る気持ちはよくわかります。しかし、年収などを基準として、自分に合った金融機関を十分吟味してから申し込むことが重要です。

 

アルバイトを始めたばかりの方であれば、あと数ヶ月は続けてから再度審査に望むなどがあります。

お金借りたい人の口コミにはどのようなものがありますか?

ネットなどの口コミ情報を参考にしてお金借りたい人は、なるべく自分と似通った人の情報を参考にすべきです。

 

実際にインターネットでキャッシングについて調べてみると、そこにはお金借りたい人にとって役に立つ様々な口コミ情報が見つかります。

 

しかしよく見ると、その情報発信者は学生だったり、新卒の独身OLだったり、あるいは中年サラリーマンだったり、老若男女、色々な立場のお金借りたい人たちがいます。

 

ですからパートやアルバイト勤務の30代の主婦が口コミを参考にしようと思ったら、やはり自分と同じようなお金借りたいと思っている方の情報を探す方が良いです。そのほうが参考になります。

 

同じ主婦でもパート勤務をしている方と、本人に全く収入がない専業主婦では、かなり状況が異なりますので注意してください。

 

また、金融ブラックOK、多重債務者OKなどと、誰でも契約できる事を強調している口コミには注意するべきです。

 

早くお金借りたい気持ちを利用した悪徳金融の可能性もあり、不用意にリンクを押してしまうと、申し込みをさせられてしまう可能性があります。

 

すぐにお金借りたいと思っている方は焦ってしまいがちですが、落ち着いて気を付けていきましょう。

専業主婦でも借りられますか?

専業主婦が「お金借りたい」というとき、金融業者は貸してくれるのでしょうか?制度上でいえば消費者金融は基本的にはノー、銀行カードローンはイエスです。

 

これは総量規制という法律が関係しています。総量規制とは、年収の3分の1まで融資できるという法律です。つまり、こちらが借りたいと思っていても年収が0円であれば自動的に貸付できるお金も0円になってしまうのです。

 

実は救済措置として、配偶者に収入があれば融資できる「配偶者貸付」という制度があるのですが、これを採用しているところは非常に少ないのが現状です。

 

つまり、本人の収入を対象にしている消費者金融では、無収入の専業主婦がお金借りたいとやってきても断るしかないのです。

 

その一方で、銀行は世帯収入、つまり配偶者に収入があれば専業主婦もカードローンを組むことが可能なのです。借入金額が一定額以下であれば、配偶者の収入証明書の提出も不要です。

 

しかし、配偶者の年収によっては審査を通過することができない可能性もあります。お金借りたいと願っても、無条件で専業主婦に融資をしてくれる訳ではありませんので注意しましょう。

 

専業主婦であっても、内職などの副業が収入と認められることもあります。お金借りたいならば、消費者金融に相談してみることも大切です。

無職でもお金借りたい場合はどうしたら良いでしょうか?

基本的に無職でお金借りたい場合、貸し出してくれる金融機関はほとんどありません。なぜなら返済能力がなければ貸したお金が返って来ないためです。

 

金融機関も慈善事業ではありませんので、返って来ないとわかっている相手に貸し出しをすることはありません。また消費者金融は総量規制の対象となっているため、年収の3分の1までしかお金を貸し出しできません。

 

無職でも内職などで一定の収入がある場合は、融資可能となることもあります。民間業者からキャッシングするにはある程度年収があることが絶対条件です。

 

ただし無職でも求職中でお金借りたいと思っている場合は、国のライフラインを活用することも可能です。求職者支援制度を利用すれば無職でも低金利で融資を受けることが出来ます。

 

この制度を利用して借入れるためには、ハローワークで求職活動をしており、職業訓練を受けたり就職する意思がなくてはいけません。

 

お金借りたいときには、上記制度を利用するために、まずは相談してみるということが大切です。

学生でも借りられますか?

学生さんでも、付き合いとかイベントなど色々と出費が多いので、一時的にお金借りたいと思うことがあります。

 

勉強しながらアルバイトはしていると思いますが、給料日がまだまだ先だったりすると、お金借りたいなと思っても不思議ではありません。

 

しかし、金融機関からお金を貸してもらう為には勿論条件があります。まず一つは、収入が安定していることです。

 

消費者金融では年収の三分の一までしか融資をしてくれないので、年収が60万円だとすると、20万円までは融資可能になります。それから、年齢が20歳を超えていることです。

 

学生さんだと、18歳から入学となりますが、20歳になるまではお金借りたいと思っても、ほとんどの業者は貸してくれません。法律により、未成年が行った契約はいつでも取り消せると規定されているからです。

 

ただ、成人に達している学生さんでも、大手業者と契約できるかはわかりません。それぞれの会社の審査基準によって結果は分かれます。

 

学生さんでお金借りたいなら「学生ローン」を利用するというのも一つの手です。

母子家庭だけどお金借りたい場合は借りられますか?

母子家庭の方でもお金を貸してもらえる金融機関はあるのでしょうか?何かとお金がかかってしまう母子家庭では、お金借りたいと感じる場面もあります。

 

一般的に母子家庭では母親一人の収入で家計を支えている場合がほとんどで、生活費のやりくりに苦労されている方が多いからです。

 

安定した収入があり、年齢が20歳から69歳までの方で運転免許証や保険証などの本人確認の書類がある方は、カードローンを活用する事によって、誰に知られる事も、迷惑をかける事もなく、借りたい時にキャッシングを利用する事ができます。

 

WEB申し込みや即日融資も受ける事ができ、審査回答がスピーディな消費者金融などもあるので、急な出費でお金借りたい時にも安心して活用する事ができます。

 

大手業者のキャッシングは、保証人や担保も必要なく、用途に関係なく融資ができます。大手消費者金融のなかには、一定期間無利息で貸してくれるところもあるので、生活費の工面にはとても便利です。

 

ただし、お金は必ず返済しなければなりません。いつも計画的な利用を心がけましょう。

お金借りたい時にフリーターでも借りられますか?

「どうしてもお金借りたい、でもフリーターに貸してくれるところはあるのか?」と感じている方も少なくないと思います。

 

給料日前なのに生活費が少し足りないことや、急なお祝い事などで、どうしてもお金借りたいと思う場面はあるものです。

 

もちろん全ての金融機関において融資可能なわけではありませんが、実は多くの銀行系カードローンや消費者金融では、フリーターであってもお金借りたい要望を叶えてくれるのです。

 

パートやアルバイトで安定した収入を得ている方や、契約社員・派遣社員のような正社員でない人たち、さらには自身に収入がない主婦であったとしても、お金借りたい時に貸してくれる金融機関は数多く存在します。

 

ですから、「お金借りたいけど、フリーターでは無理じゃないか」と思い込むのはまだ早いのです。また、無利息期間がある物もありますので、その期間内に返済できればお得に利用することができます。

 

「お金借りたい」の声に応えてくれる所は数多く存在しますので、まずは相談をしてみましょう。